ライブチャットのチャットレディー・ツーショットチャットについて

category

news_information

2013/10/15
女性から男性へを更新
2013/10/15
配信の注意点を更新
2013/10/15
アルバイトとしてを更新
CHAT LOVE

ライブチャットの普及

chat

ライブチャットとは、映像と音声、文字チャットを介して相互の意思疎通が行われるコミュニケーションツールである。
その中でも男女のコミュニケーションに特化したものがライブチャットと呼ばれる傾向にある。ほかにもゲイや女性を対象に展開するライブチャットも存在し、ライブチャットとはコミュニケーションツールだけではなく、娯楽としての側面もある。

ライブチャットでは、チャットレディと呼ばれる女性たちが運営側に申し込みをしてアルバイトとして働いていることが多い。
そのため、女性側には利用料金は発生せず、チャットの時間によって給与が振込まれる形になっている。
給与形態は完全歩合給であり、分単位で給与が発生する。また、顧客となる男性側が利用する場合は分単位で料金が発生する。

コミュニケーションツール

コミュニケーションツールとしては、ライブチャット以外にもスカイプなどが存在する。
また、映像配信に限って言えば、ユーストリームなどがある。これはWebカメラ、画面キャプチャで録画した映像を配信するものであり、画面上にコメントなどを投稿することは可能だが、相互コミュニケーションを行うには配信者がその画面を確認しておく必要がある。そして、多くの場合ユーストリームで配信されるのは作業工程などが多い。

ライブチャットチャットレディがすでに控えている状態で参加するため、入室しても誰もいないという状況は存在しない。
そして、チャットレディとのコミュニケーションはあくまで娯楽として割り切る顧客も多いため、交友関係を広めるというよりかはテレクラなどに近い存在である。

出会いの場として

ライブチャットは時に、女性と出会うために利用されることも多い。
出会うことを目的にしている場合はツーショットダイヤルなどを利用することもある。ツーショットダイヤルとは、電話でのみ行われるコミュニケーションだが、近年はテレビ電話を用いることでライブチャットに近いサービスも行われている。

女性と出会う目的は、純粋な交友関係からいわゆるセックスフレンドと呼ばれる性的交渉を目的としたものもある。
ライブチャットツーショットダイヤルでは、アダルトチャットやテレフォンセックスなど性的な目的のものも多いため、アダルト系のサービスを利用して出会う場合は性交渉を前提としていることが多い。

女性側

女性側

女性側がライブチャットを利用する場合は、チャットレディというアルバイトとして利用していることが多い。
ライブチャットのジャンルによってはチャットボーイを起用しているゲイ、女性向けのものも存在するが数は少ない。

チャットレディはチャットの時間によって給与が発生し、口座に振込まれる。
そのため、在宅ワークや副業として利用している女性も多く、深夜には特に多くの女性が控えている。

ライブチャットにはアダルトとノンアダルトが存在し、アダルトの方が給与が高い。

ツーショットとは

ツーショットとは、電話によるコミュニケーションサービスである。
ツーショットダイヤル、ツーショットテレクラなどが存在し、顧客の男性とアルバイトの女性が通話をする場合とお互いに顧客同士であることも多い。
ツーショットは出会いの場として利用されており、電話でアポを取り、その日か後日実際に出会い、食事や性交渉を行うのが目的とされる。

お互いが顧客の場合は、ツーショットはセックスフレンドの募集場所として利用されることもある。
また、電話越しにお互い自慰を行い、テレフォンセックスと呼ばれる擬似性行為を行うことも多い。


関連リンク

ライブチャット好きならこちらをチェック|ライブチャット攻略体験談